東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園


[会社URL:https://www.future-jidoen.com/program/
Info Legacy

英語の保育なら「FUTURE児童園」へ。当児童園は、2歳から6歳の子供に英語による保育を東京都世田谷区、大田区、中央区、北区で展開しています。子どものグロ−バルな未来と将来性をのばすオリジナルカリキュラム教育と保育を提供する児童園・プリスクールです。


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

これからますます、世界共通言語となる英語の力が求められる時代となってきます。英語を完璧にマスターするためには、かなり早い段階から学ぶ必要があるでしょう。特に吸収が早い2歳から6歳までの間に、ネイティブな英語の勉強をしておくことが重要となります。フューチャー児童園では、2歳から6歳をターゲットとして、しっかりとしたネイティブ英語を学ぶことができる英語教室として知られているので、興味があるならぜひともチェックしてみるのがお勧めです。田端、下丸子、太子堂、日本橋でそれぞれ活躍を見せています。最も都合の良い地域にあるフューチャー児童園にターゲットを絞って、調べさせてもらいましょう。実際に足を運んで見学させてもらうのが1番かもしれませんが、そういった時間的余裕がない人は、資料請求ができるので、覚えておきたいところです。実際にフューチャー児童園に通い続けて、英語を話すことができるようになった子供は、たくさん存在しています。独自のカリキュラムを形成していて、その子供に合った学び方ができるため、かなり利用しやすい場所と言えるでしょう。ちなみに、コースは2種類あり、メインとなるレギュラーコースは、7時半から19時までとなっています。曜日に関しては月曜日から金曜日までで、平日にターゲットを絞った中身となっているので、とても利用しやすいのが特徴です。満2歳から活用できるので、覚えておきましょう。覚えたことを忘れたくない、復習したいと言う場合にも、アフタークラスがあるので、こちらも活用しておきたいところです。 アフタークラスに関しては、16時半から18時までの時間帯となっていて、利用できるのは4歳から小学校6年生までとなっています。子供のうちにしっかりとした英会話技術を身に付けておけば、大人になってからいろいろな場面で役立てることができるでしょう。仕事だけではなく、旅行に出かけたときなどでも、人生を満喫させるきっかけとなります。それを考えれば、親として子供に正確な英語を学ばせるためにも、フューチャー児童園はぜひとも利用しておきたい場所です。
Tagged on: ,東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園