海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会


[会社URL:http://www.kidney-tp.org/jisseki.html
Info Legacy

海外での生体腎移植に関する情報は30年以上の歴史を誇る当会へ!ドナー確保の心配なく、クレアチニン上昇による透析と決別するための情報があります。帰国後のアフターケア医療機関も万全。まずは海外腎臓移植体験者の話をお聞きください。もちろん費用は無料です。


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

海外で腎移植をする際、多くの人は知識もなく、具体的にどのように手続きをするのかも分かりません。そこでおすすめなのが、専門家に介入してもらうことです。そんなお手伝いをしてくれるところがあります。それは、海外腎移植事情研究教会です。透析から離脱するために、こちらに協力を求める人も多くなっています。まず、サイトを見てみましょう。通常、腎臓が悪いと透析を行うことになります。この透析はずっと続くものです。自宅付近に透析のできる医療機関があれば問題ありませんが、遠方の場合は通うだけでも大変でしょう。そんな生活がずっと続くのかと思うと不安に感じる人も少なくありません。そこで、透析から離脱するためにも海外での腎移植を検討することをおすすめします。こちらの協会は海外での腎移植の実現を30年以上にも渡ってお手伝いしてきているという実績があります。もちろん、出国から帰国までしっかり患者のサポートをしてくれます。スタッフは海外での腎移植に精通した人ばかりです。通訳ももちろんつくので、言葉の問題も楽にクリアできます。とは言え、誰でも最初は不安です。移植手術そのものも不安ですが、費用がどのくらいかかるのか、その点も不安に思うことでしょう。医療費に関しては受け入れ先によって多少は異なります。だいたい11万ドルから14万ドルです。これを念頭に置いておきましょう。いろいろと協力してもらう関係で、仲介料などがかかるのかと思われがちですが、それは一切かかりません。協会を経由して費用を支払うわけではないのです。まずは面談を受けてみましょう。この時にさらに詳しい説明がなされます。正式に申し込む前に不安点などはきちんと解決しておくべきです。それから、実績や患者の体験記なども事前にチェックしておきましょう。そうすることで海外での腎移植手術を受ける心構えができます。帰国後のケアもしっかり行われるので、手術後も安心して生活できます。
Tagged on: ,海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会