横浜ホームスタッフ



Info Legacy

横浜のリフォームの事なら横浜ホームスタッフへ。「毎日の生活がぐっと快適にかわるリフォーム」を安心価格でご提供しています。キッチン、浴室(お風呂)、トイレ、洗面所など水廻りのリフォームから、増改築、リノベーションまで対応。無料相談受付中!


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

高齢者世代となった両親と同居するなら、介護リフォームがおすすめです。介護リフォームは二世帯同居にも三世代同居にも最適な環境を提供できるのが特徴です。住まいのなかでの行動を、より安全で快適なものにするのがポイントです。よく知られているのが段差の解消による転倒防止のリフォームですが、段差がない場所でもスムーズに移動できるように工夫できます。引き戸で施工されている場所は、レールの部分が凹凸になっていますので、足で踏んでしまったり、足を引っ掛けてしまいがちですが、レールそのものを埋め込み式にしたり、レールではなくタイヤで稼働する引き戸にする方法があります。レールそのものを外につけるタイプもありますので、用途に応じて選択肢があるのもポイントです。レールを外につけるタイプは、アウトセットといって、部屋の中では壁にピッタリと家具を設置できるように改善できます。ドアそのもののサイズを大きくしたり、ドアの厚みを変える方法もあります。老朽化に対する修理や修繕だけでなく、いまよりもさらに使いやすくストレスなく動けるようにできるのも介護リフォームの特徴なので、介護される側にとっても介護する側にとっても利便性が高くなります。リフォームの基本は、修理と修繕ですから、古いものを新しくする発想がベースになっています。リノベーションの場合は、設計図面の通りの間取りや構築にこだわらずに、自由に間取りを変更できるのが特徴です。介護リフォームは、実際に住んでいる家族全員に対して、安全性と快適性をもたらすものです。誤解されやすいのですが、高齢者だから転倒防止が必要になるという発想というよりも、年齢や世代に関係なく家族全員が笑顔で安心して暮らせるように工夫するのが介護リフォームのベースになります。結果として、掃除しやすい環境に整ったり、収納スペースを活用しやすくなったり、付加価値も備わります。細かい工夫と配慮が、暮らしやすい住まいへ向上させるコツです。
Tagged on: ,横浜ホームスタッフ