childbedlaboratory



Info Legacy


赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

出産は女性にとって命がけであり、無事に出産が終わってもそれで全てが終わるわけではありません。大変な育児はもちろんのこと、産後の体力が低下している時に様々なことをこなさなくてはならないとなれば、その負担は計り知れないのではないでしょうか。家族など周りのサポートが必須となりますが、中にはサポートをしてくれる人が近くにいない人もいます。その際に役立つのが、ベビーシッターや家事代行サービスを行なっている業者です。東京にあるマザーリングケアサポートのバドでは、ありとあらゆるサービスを代行する業者であり、同年代で友達感覚で話すことができ、なおかつ頼れる産褥ケアサポートスタッフが多数在籍しているのが特徴です。いつどのタイミングでどんな手伝いやサポートが必要となるかは、本人もわからないことではないでしょうか。バドでは、利用者登録をしておくだけでいつでも必要な訪問ケアサービスを利用することができる会員制のオーダーシステムとなっていて、登録はもちろん無料となっています。各地にベース基地を設けていて、独自のネットワークがあるので近隣地域で信頼できるスタッフをすぐに手配してもらうことができます。初めての利用となれば、サービス内容や料金が気になる点ではないでしょうか。バドでは料金が明確になっており、様々なプランがあるので必要なサービスだけを選ぶことができるようになっており、無駄なものを付ける必要がないという利点もあります。一時間ことの料金で明確になっているので、予想外の追加料金が発生してしまう心配もありません。産後訪問ケア事業としての内容は、産前産後の訪問ケアはもちろんのこと、家事の代行や訪問保育など働く世帯の両親が安心できる訪問ケアサービスとなっています。子供が産まれたばかりで安静にしていなければならない期間に、ゆっくりと過ごしたいという人にもぴったりであり、安心して家のことや子供のことを任せられます。
Tagged on: ,childbedlaboratory