リフォームエール


[会社URL:https://reform-yell.com/company
Info Legacy

老後に向けたトータルリフォームを提案する川口市にあるリフォームエールです。経験豊富な一級建築士だからこそ出来るお客様のご要望の実現・将来に渡る安心のサービスをトータルプロデュースします。


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

人が老いて尚も優しい家があると言うのは、生き続けていて、そして生活していて幸福だと言う事にも繋がります。そんな家があれば例え高齢者になったとしても人生に悔いはないというものだと人は考えるものだと言う事です。そしてそれを可能にしてくれるのが家の建て替えです。今風に表現すればリフォームと言う言葉があります。そのリフォームをする企業がある訳です。そのリフォーム会社の事業とサービスが高齢者になっても優しい家の環境造りにあります。仮に人が長寿であっても、その長寿に合わせての家づくりが出来ると言う企業です。つまりは高齢者にも優しい、そして安心で安全な建て替えの専門家でもある訳です。人は歳を重ねれば必然的に老いて行きます。そしてその時々の身体の動きすらも不自由になって行くと言う事です。動くと言う意味では、一番が立って歩くと言う動作です。健常者とは異なり、不自由な体と言うのは身体が動きにくくなっていると言う事です。リフォーム会社はそれを改善するのが事業のサービスと言う事です。高齢者の行動に良くあるのが転倒です。転ぶと言う事です。それを改善するためにリフォームとして考えられるのが家の中の段差の解消です。高齢者が動くと言う生活上の動線にその段差をなくすると言うのもリフォームとしての優しいサービスと言う事になる訳です。更にはお年寄りのいる風景には、何かにつかまり立ち、または伝い歩きと言う風景です。不自由な姿とは支えてくれるものがないと言う事実です。そしてそれを解消してくれると言うのがバリアフリーです。高齢者が歩くと言う生活動線に必要なのが手摺です。家の顔でもあると言う玄関に必要です。そして玄関から家の中に入ると言う老化にも確実に必要です。そして他にも必要な場所は階段であり、トイレであり、そしてお風呂場です。高齢者が歩くと言う場所に応じてバリアフリーを設置すると言うのが今のリフォーム会社には必要な企業サービスであり、提供している訳です。
Tagged on: ,リフォームエール