株式会社北工房


[会社URL:http://www.tokken.kitakobo.com/about/
Info Legacy

特定建築物定期報告は札幌市「株式会社 北工房」にお任せ下さい。建設事務所の確かな技術と経験で、アフターフォローまでしっかり対応。特定建設物定期報告の無料相談も行っております。定期調査・定期検査でお困りの事があれば、お気軽にご相談ください。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

大型施設を安心して使い続けるためにも、しっかりとした特殊建築物等定期調査を行うことが大事だといえます。どちらにしても、不特定多数の人たちが集まる大型施設の場合は、建築基準法により、定期的に特定建築物定期報告を行う必要があるので、覚えておくべきです。実際に今、特定建築物定期報告の依頼書が届いているなら、早めに優秀な業者を探す必要があるでしょう。北海道であれば、札幌市を中心として様々な業者が存在しています。その中でも活躍を見せているのが、株式会社北工房です。この会社は、北海道放送でも頻繁に取り上げられるほどの有名な会社で、いろいろな人たちから選ばれているのがよくわかります。メディアで取り上げられると言う事は、それだけ実績があると言う証明でもあるでしょう。今まで行ってきた定期調査で、納得できない報告書ばかりだと言うならなおのこと、その報告書を用意して、実際に株式会社北工房に見せてみるのがオススメです。株式会社北工房は、建築設計事務所なので、ほとんどの大型施設の構造に関して知り尽くしています。建築にも実際に携わっているわけですから、当然と言えば当然でしょう。しかるべき知識やノウハウを駆使して、間違いのない調査報告をしてくれます。まずは電話やメールで問い合わせをし、打ち合わせの日程を確認するのが基本です。打ち合わせでは、話をスムーズに進めるためにも、今まで受け取ってきた調査報告書を用意しておきましょう。その報告書をチェックし、今まで行ってきた調査報告にどのような問題があったのか、すぐに見抜いてくれます。できれば、設計図も合わせて用意しておくべきです。そのあとで見積もり金額を出してもらい、本格的な作業に入ってもらうというのが、流れになるでしょう。また、株式会社北工房では、調査後のアフターフォローも完璧です。調査した後に修繕作業が必要な状況になっても、あせらずに連絡してみることをお勧めします。すぐに駆けつけて、応対してくれるでしょう。
Tagged on: ,株式会社北工房