Proco


[会社URL:https://car-coating.jp/polish/
Info Legacy

カーコーティング、ガラスコーティング、シートクリーニング、車内クリーニングなら、埼玉県さいたま市岩槻にあるカーコーティング専門店の"Proco"プロコにお任せください。ボディを削らない研磨と、細部までこだわった下地処理、ハイモースコートやゼンゼロなど、幅広いラインナップでお待ちしております。


カーコーティングの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

カーワックスはカーコーティングとは異なります。一般的には車をお手入れするといきにはカーワックスを使います。カーワックスは植物性油脂が主成分となって、ボディについた傷を目立たなくするカバーの役割やツヤだしをするために使われています。カーワックスは、カー用品店やホームセンターなどで入手がしやすく比較的安価な金額で購入することができます。ところがカーワックスはホコリなどがつきやすく、塗り方が難しく、効果を持続するために数か月に一度の塗り直しが必要というデメリットがあります。カーコーティングは主成分はそれぞれ種類によって異なりますが、基本的には化学成分などからできています。使うことによって、強力な保護膜ができるため熱や紫外線などの自然界からのダメージに強いため、ボディなどを守る効果が高いというメリットがあります。さらに、コーティングをしておくと汚れが落としやすく、水切れがよいため洗車をしてもお手入れが楽になり、持続期間もポリマー系を使うと半年から1年、ガラス系の場合には3~5年もつためワックスよりも圧倒的な持続力があります。長きに渡り一台の車を乗り続けたいという場合には、カーコーティングを施しておくことがおすすめです。またカーコーティングをしておくと、いざ車を手放すときに査定価格に影響がでる可能性があります。車を手放すときの査定は、ボディの傷や汚れなどがないかをチェックされ、いかにボディがキレイさを保たれているかはポイントのひとつとなります。コーティングで汚れを防いでボディのキレイさを保つことができるため査定額アップを期待することができます。カーコーティングを施すタイミングは、ボディ表面に汚れがないかが重要になってきます。新車で購入した車のキレイさを保ちたいからコーティングしようということではなく、中古車であっても施工前のボディに汚れがないか、コーティングを施してくれる業者が下準備を丁寧に行ってくれるかは重要になってきます。選ぶときには下準備をしっかり行ってくれる業者を選ぶことがおすすめです。そのためにも、口コミなどを事前にチェックしてみるとより業者を探しやすくなります。
Tagged on: ,Proco