ながた内科クリニック


[会社URL:https://nagata-naika.jp/houmon-s-feature
Info Legacy

訪問診療とは、具合が悪くなった時にだけご自宅に伺う「往診」とは異なり、通院が困難な方や介護が必要な方、退院後のケアが必要な方に対して、医師が患者様のご自宅に定期的かつ計画的に伺い、療養上必要な治療を行うものです。府中市のながた訪問診療では、約二週間に一回、日時を決めてお伺いします。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ながた内科クリニックでは訪問診療が行われています。介護を必要としている患者や疾患があっても自力での通院が困難な患者などが対象です。また、総合病院で入院治療をし、退院してからも術後ケアや経過観察などが必要な患者も含まれます。ながた訪問診療では、患者の自宅に直接医師が訪問して必要とされる診察や治療を行いますが、診療計画を設計し定期的に診療を行うスタイルです。このため、風邪を引いたなどの突発的に起きた疾患などで具合の悪い時にだけ自宅に医師を呼ぶ往診としては利用することはできません。しかし、ながた内科クリニックは在宅療養支援診療所として機能しているクリニックですので、訪問診療を利用している患者であれば、定期訪問の枠にとらわれず緊急時の往診や入院先の紹介・手配に応じています。訪問診療を行うのは、ながた内科クリニックに所属する複数の医師です。通常は担当医師による訪問診療が行われますが、緊急時に対応するため当番の医師が訪問するケースもあります。加えて、医師と共に薬剤師も訪問診療に同行するなど、薬局とも連携して万全の体制で訪問診療を行っているのが特徴です。介護が必要な患者や高齢者のために、別契約で訪問看護ステーションの看護師を派遣し医師と連携して診療を行う場合もあります。ながた訪問診療のスケジュールは、基本的に火曜日から金曜日の午前と午後が診療時間です。午前の診療時間は9:30から13:00まで、午後の診療時間は14:00から18:00で、月曜日と土曜日曜は休診となっています。ながた訪問診療を利用するには、自宅や施設等で療養中の患者は、まず直接クリニックかケアマネージャーに問い合わせをしてから申し込みます。他の医療機関にかかっている場合は、かかりつけ医に紹介状を作成してもらうのが一般的です。その後、患者宅かクリニックで説明を受け契約が成立したら、医師の初回訪問時に在宅療養の細かなスケジュールを決定し、定期訪問が開始されるスタイルです。
Tagged on: ,ながた内科クリニック