三和産工株式会社



Info Legacy

蓄光ステップ、蓄光式避難誘導標識システム(津波・災害種別)の構築を地域防災計画策定の際の緊急防災・減災事業債を活用してご提案いたします。蓄光式誘導標識のトータル・ソリューション・プロバイダー三和産工株式会社。

東北沖で地震があり、それに伴う津波で多くの方が亡くなった記憶はまだ多くの人が持っているはずです。あれは映像として残っており、ニュースで流されたため、津波に対する恐怖を持った人は多いはずですが、あれは昼だからまだあの程度で終わっていたわけです。もしあの津波が夜だったらもっと多く方が亡くなっていたことは安易に想像が付きます。なぜならどこへ逃げていいのか暗くてわからず、高台に逃げるまでに津波に飲まれたと言う方が増えていたはずだからです。この危険性に対しての対策としては避難誘導標識の設置があります。これがあれば夜でも多くの人が助かることになるわけです。これの設置に力を入れている会社が三和産工株式会社です。これに関しては電気式ではいけないわけですが、それは電気で燈る避難誘導標識は災害時に停電になれば役に立たないと言うことになるからです。災害時の夜に光らないのであれば何の意味もないわけであり、必要ないことになります。だから自力で光る物が必要になるわけですが、それが蓄光の避難誘導標識なわけです。蓄光なら昼間の光を蓄えて夜にその蓄えた物を使って自力で光るし、電気の力を使っていませんから停電でも大丈夫なわけです。この蓄光に関して技術を持っているのが三和産工株式会社であるわけです。これに関しては官公庁がやることであり、この会社の取引先は官公庁が多いことになりますから、この会社自体は信用度の高い会社であるとになります。避難誘導標識に関しては公的に役立つものですから法的な影響を受けており、法規制があります。そうしないと不良品を使うと言うことがあっては、いざと言う時に役に立たないと言うことになるからです。三和産工株式会社の避難誘導標識は当然法規制を受けていますが、たくさんの官公庁が使っていると言うことは問題なくその方規制をクリアしていることを意味します。三和産工株式会社は蓄光の避難誘導標識で知られていますが、他にもサッシ用部品や精密機械や時計部品等の輸入及び国内販売や精密機械や各種工具類等の輸出をやっています。
Tagged on: ,三和産工株式会社