At Nature


[会社URL:https://at-nature.co.jp/about/
Info Legacy

自然素材のお家なら埼玉のアットナチュレへ


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

家を建てたいと常日頃から考えているのであれば、埼玉県のアットナチュレに頼んでみると良いのではないでしょうか。アットナチュレにおいては、土地の探し方などをあらかじめしっかりと丁寧にアドバイスをしてくれるので、安心して相談をしたり聞きたいことを聞いたりすることが出来ます。初めて土地を探すというときには、たくさんの分からないことがあります。土地の大きさを始めとして、他にも立地条件やアクセスなど、どのような条件の土地を購入すれば良いのか分からないことでしょう。アットナチュレではあらかじめしっかりとお客さんから土地の要望や予算などを聞いたうえで、地域における不動産会社などとのネットワークをきちんと活かして、素敵な家が建つのにベストな土地を探すためのサポートを全力で行ってくれます。また、家を建てた後も末永くお付き合いをすることが出来るように、アットナチュレではアフターメンテナンスも非常に充実しています。楽しい家作りをした後も、本当の意味でのお付き合いは家を建てた後から始まるという風にアットナチュレでは考えている訳です。年月が経つごとに、より一層素敵さが増すお客さんの家を見るのもアットナチュレのスタッフの人たちは楽しみにしています。定期点検でアフターメンテナンスをしたり、オーナーズイベントなどで交流をしたりして、人との縁を丁寧に紡いでいるのがアットナチュレの特徴だと言っても過言ではありません。もしもアットナチュレに興味を持ったのであれば、まずはあらかじめしっかりと資料請求をしてみると良いのではないでしょうか。カタログを見ながら、どのような家を作っていきたいのかということを想像してみると良いでしょう。ある程度希望条件が決まってきたら、次はコンシェルジュに相談をしながら具体的にどのような家にするのか決めていくことをおすすめします。また、モデルルームを見に行ってみるのも良いのではないでしょうか。
Tagged on: ,At Nature