星野総合商事株式会社


[会社URL:https://www.hoshino-z.com/system_lp.html
Info Legacy

BCPは防災・防犯資材の総合商社【星野総合商事】へ。災害時の備蓄品は、日頃の業務フローでは在庫管理の難しいものです。防災用品を扱う弊社では、非常食や水、医療品などの消費期限の確認から在庫チェックまで、備蓄品データを管理するシステムを無料で提供します。


防災の関連情報

防災(ぼうさい)とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もある。災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがある。 類義語として、防災が被害抑止のみを指す場合に区別される減災、防災よりやや広い概念である危機管理、災害からの回復を指す復興などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

BCPに役立つ防災用品で、照明発電に関する設備機器類を準備しておくときは、スタッフで話し合いながら決めるようにします。使い勝手の良さも重要ポイントですから、まずは操作できる人と、教わる人を確保しておくとスムーズです。地震災害時に強みとなるのが、倉庫内の照明です。倉庫内を明るくできれば、備蓄品の出し入れがスムーズで安全です。災害発生時は停電や断水が懸念されますので、自分たちで自家発電できる容量を確保しておくと安心できます。自家発電できる設備機器類は、ディーゼルエンジンが主流です。ディーゼルエンジン発電機を備えておくと、夜間の復旧工事で活躍しますし、ランニングコストの安さも魅力です。ガソリンを使用しないので安全管理がしやすく、軽油を使用するからこそのコスト削減効果になります。ガソリンよりも軽油のほうが安全対策になるのは、引火点が要因です。軽油はガソリンよりも引火点が高い性質がありますので、引火が原因の火災の被害を予防しやすく、取り扱いも安全になります。危機管理対策にもメリットとなります。理解しておくと便利なのが、天下に使用する部品類の性質です。ディーゼルエンジン発電機は、点火するための電気部品を使用しない設計が可能ですから、故障リスクが軽減されています。点火するための部品をチェックするときは、点火プラグとイグニッションコイルに注目します。ポジションセンサーの場合もありますが、いずれも電気部品でなければ故障リスクは低くなり、災害発生時に心強い存在になります。簡単に学べて、簡単に教えられるのも重要です。災害発生時は、混乱と不安が大きくなりがちですから、できる人が行うだけではなく、子供から高齢者まで安全を確認しながら協力し合って作業を分担したり、役割分担を決めることもBCPに効果的です。防災対策は、目の前の災害を乗り切るだけでなく、その先にある未来を見据えて、多くの人が日常を取り戻せるように協力体制で復旧活動できるようにするのも大切であり、継続性と継承性がBCPの原点です。
Tagged on: ,星野総合商事株式会社