MAKI HAUS


[会社URL:http://maki-web.co.jp
Info Legacy

注文住宅は福岡県福岡市『マキハウス』にお任せ下さい。社内設計と自社施工により、長期的なメンテナンスやサポートにもしっかり対応。快適な間取り・性能・デザイン性を追求した、こだわりのある注文住宅をご提供致します。お電話にてお気軽にご相談下さい。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく、英語: residence)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。周囲の環境から居住者の快適な生活を守るものであり、生活範囲となる環境を含める場合もある。 ここで言う“周囲の環境”とは、気候(雨、風、雪、暑さ、寒さ、湿気など)、騒音、異臭、他人の視線や聞き耳(→プライバシーの保護)、天敵(猛獣、猛禽、害虫など)など、立地条件によって異なるものであり、住宅に求められる対応もそれによって異なる。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。 遙かな古代には人類は採集のために移動生活を行ってきたが、やがて定住を行うようになるとともに、固定し容易に移動できない形での巣を営むようになった。これが住宅である。人類は定住するに当たり、まずはその近辺に豊富にある材料を寄せ集めて住宅を作った。こうして近隣で豊富に取れる材料を使って住宅を建設することは近代までは一般的な生活様式となり、このため世界各地でその風土に合わせた様々な材料の住宅が存在するようになった。近代までの住宅の材料には、石、木、煉瓦などが多く使用されることが多かった。また、移動の多い遊牧民などは動物の毛や皮などを使ったテントを宿営地に建てたが、これも住居の一種である。近代以降になると、コンクリートなどの新しい建築材料が登場するようになった。
※テキストはWikipedia より引用しています。

注文住宅で家をつくるのなら、住宅会社とのコミュニケーションが何より大切で、そうしてつくられた家は、住み心地も抜群です。地域密着型として、これまでに1500棟もの注文住宅を設計・施工してきた実績がこの住宅会社にはあります。地元愛を持つ住宅会社であり、50年後も100年後も住むことができる美しい家をつくる会社です。特に、設計士による住宅のデザインを得意としています。加えて、高精度なCGでの提案においては、図面を見ただけではイメージしにくい全体の様子、間取りや動線もよく分かり、床や壁に色を付けるなど、打ち合わせ時に便利な点も評判になっています。万人受けする住宅デザインではなく、手きざみに勝る家はないという考えから、設計力と技術力という軸で、100年後も遺る美しい家づくりを目指しています。戸建を建てるにも、何かと便利な繁華街や市の中心地など、立地も魅力に感じるもので、多くの人が悩むのが土地です。この住宅会社では、土地を探すことから携わってくれますが、相談で多いのが、土地代が高いから品質の高い家が建てられないのではないのか、という点です。この住宅会社の強みは、狭小でも、良い環境に土地が見つかった時の建てるアイディアを持っているという点で、それが都市型住宅でもあるわけです。こうした相談も、全国320店舗の工務店のネットワークにより、資材の一括仕入れというシステムで高品質なものをリーズナブルに提供してくれています。もちろん、本物であるということにこだわりを持っている住宅会社ですが、触ってみなければその良さも分かりにくいため、木材やインテリア用品に至るまで、現物はショールームにてチェックできるサービスもウリにしています。現在、スマートハウス化に取り組んでいるのも特徴で、高気密・高断熱などのランニングコストを抑える部材を導入するなど、 本物にこだわる住宅会社だからこそ、メンテナンス性の良い家も完成させられるのです。
Tagged on: ,MAKI HAUS